光ファイバ利用技術入門

光ファイバ利用技術入門

Add: acajofof72 - Date: 2020-12-06 22:31:06 - Views: 8210 - Clicks: 1310

参照) 図2.SI型(ステップインデックス型)マルチモードファイバ GI(グレートインデックス)型MMF GI 型MMFはパルスが広がるSI 型MMFの欠点を改良した光ファイバーです。コアの屈折率が一様ではなく、中心が高く外側に行くほど低くなっています。中心に近いほど光の進む距離は短いのですが、屈折率が高いので進む速度が遅くなります。逆に、中心を外れるほど進む距離は長いのですが、屈折率が低いので進む速度が速くなります。この結果、何れの進み方をする光も同じファイバー長をほぼ同時間で進むのでパルス光の広がりが小さくなり、短距離通信に使うことができます。(図3. 廃光ファイバケーブルの解体・分別技術の開発を行うとともに、石英ガラスコアを利用 して半導体製造装置の部品(再生品)の試作を行う。 また、品質評価、半導体集積回路業. 必要な知識 このコースは、初めて光ファイバセンサを使用される方を対象にしています。光電センサについて初めて学ばれる方は、このコースを受講する前に「光電センサ入門編」コースを受講されることをおすすめします。.

光ケーブル切替工事では、現場作業者が該当工事の光ファイバに収容されているお客様のサービス利用状態や接続後の正常性を確認することが困難であった為、ONU(Optical Network Unit:光加入者線ネットワーク装置)からの上り信号光から、ONUのリンク状態、サービス利用状態を確認する通信. 657 A2をベースとした細径ドロップ光ファイバを開発しました。. 高度化を支えてきた光通信・ネット ワーク技術の変遷を図₁に示します. これまで,もっぱら1本の光ファイバ に光の通り道(コア)が1つで,かつ 導波モードが1つになるよう設計され たシングルモードファイバ(smf)が, 基本の伝送媒体として用いられ. 藤井, 陽一(1935-) アグネ. 年には、需要密度の低い領域向けの少心架空光ケーブル(8心:単心もしくはテープ心線)と、それに合わせた少心架空光クロージャを開発し経済化を図りました。年には、需要増による地下管路の行き詰まりを解消するため、1管路当り3000心収容(3条収容)を可能とする細径心光ケーブル(1000心)と地下多条布設技術を開発し、管路増設無しで対応できる範囲を拡大して経済化を図りました。さらに、年には曲げに強い光ファイバと間欠接着型光ファイバテープにより、従来光ケーブルのスロットロッドを無くした世界最高密度の屋外配線用多心光ファイバケーブルを開発しました。年には、簡易布設が可能で細径軽量な8心・24心光ファイバケーブルも開発しました。年には、1管路当り6000心収容(3条収容)を可能とする超多心高密度地下光ファイバケーブル(心)を開発し、既存基盤設備の有効活用を図りました。 集合住宅での配管についても同様な状況があり、細径化と低摩擦化した細径低摩擦インドア光ケーブルを開発するとともに、配管がない場合には、複数戸に対応できる外壁面に布設可能な集合インドア光ケーブルを開発し、年から導入されています。小~中規模集合住宅で、お客様の需要ごとに縦系配管内に布設するのでは細径でも有効利用ができないことから、事前布設した後、分岐可能な8心単心低摩擦インドア光ケーブルと接続点保護のためのモジュール類を開発しました。 また、架空配線・地下配線での多様な需要とコスト削減に対応するため、架空光単心ケーブルのメニュー化(光ケーブル支持線有り/無し)と地下光単心ケーブル、それに対応した架空・地下の光配線点用と光引き落とし点用のクロージャも開発しました。. 7 形態: 214p ; 21cm 著者名: 藤井, 陽一(1935-) 書誌ID: BNISBN:. 光ファイバセンシング技術に関して、啓発・普及と推進(光ファイバセンサ関連技術の普及活動、展示会・交流会・シンポジウムの開催など)、プロジェクト事業、技術者の育成(セミナー、講習会の開催など)、光ファイバセンシング技術の標準化・認定、コンサルタント事業を主な活動とし. 光ファイバ利用技術 資料種別: 図書 責任表示: 藤井陽一監修 言語: 日本語 出版情報: 東京 : アグネ, 1985.

Amazonで宜雄, 加島, 朗, 和田, 幹夫, 小粥の光通信ネットワーク技術入門講座。アマゾンならポイント還元本が多数。宜雄, 加島, 朗, 和田, 幹夫, 小粥作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 入門光ファイバ通信工学 フォーマット: 図書 責任表示: 村上泰司著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : コロナ社,. 近年この光ファイバは通信だけでなく、センシングに利用する技術が著しく発展しており、さまざまな物理・化学量の計測が可能になっています。 最近では先端技術に関わる実験の用途だけでなく、公共構造物の健全性を評価するセンサとして使用され.

光ファイバ利用技術 フォーマット: 図書 責任表示: 藤井陽一監修 言語: 日本語 出版情報: 東京 : アグネ, 1985. 参照) 図4.シングルモードファイバ ●ダブルクラッドフ. 8 形態: xii, 291p ; 21cm 著者名:.

光ファイバ技術として,同一クラッド内に複数のコアを有するマルチコア光ファイバ技術や, コア中の伝搬モードを多重伝送チャネルとして利用するマルチモード光ファイバ技術につい て紹介する. 【本章の構成】 本章では,光ファイバの特徴( 3-1. 光ファイバーの基本的な構造は屈折率の高いコアを屈折率の低いクラッドが覆って光をコアに閉じこめて伝搬させるようになっていますが、詳しく見るといろんな種類があります。図1に構造別に分類した光ファイバーの種類を示します。 図1. 光ファイバ利用技術入門 Format: Book Published: 東京 : アグネ, 1982. 光ファイバーの材質による分類 図8.

4 形態: 319p ; 19cm 著者名: 山下, 真司(1965-) 書誌ID. See full list on ansl. 光ファイバーの構造の種類 ●マルチモードファイバ(MMF) マルチモードファイバは、ファイバー内を光が進むときに複数の進み方がある光ファイバーです。SI 型(ステップインデックス型)ファイバとGI 型(グレーデッドインデックス型)ファイバの2種類があります。 SI(ステップインデックス)型MMF SI 型MMFではコア内の光はクラッドで反射されながら進みます。ファイバーへの光の入射角度が異なると光の進み方が変わります。高角で入射した光は低角で入射した光より同じファイバー長を進むのに反射回数が多いため多く時間がかかります。その結果、パルス信号光を入射した場合、光が進むにつれパルス光の幅が広がり前後のパルスが重なってしまうので通信に使われることはありません。一方、コア径を大きくできるので光のパワーを伝送する用途に使われます。(図2. 参照)における伝送路で、多くの場合は大容量の信号を遠方まで送れる石英シングルモードファイバが使われます。距離が短い場合は石英ガラスやプラスチックのGI 型ファイバも使われます。 図9.光通信システム 通信用光アンプ:光アンプは光信号を増幅する装置で、心臓部であるゲイン媒体にはコアに希土類元素をドープしたシングルモードファイバが使われます。ハイパワーアンプにはダブルクラッドファイバが使われます。また、通信波長帯のうち、C, Lバンド用には石英ファイバ、O, Sバンド用にはふっ化物ファイバが使われます。 通信用光部品:光ファイバーを加工して作った部品でファイバカプラやファイバブラッググレーティング(FBG)が代表例です。光部品は光送受信機や光アンプの中にたくさん使われています。 センサ:光ファイバセンサシステムとしてよく知られているものにFBGセンサシステム(図10. 現在では、石英ファイバ以外の材質の光ファイバーも使われています。図7に材質別ファイバーを示します。材質による最も大きな違いは伝送できる光の波長です。図8は材質による伝送波長の違いを示しています。使用したい波長によりファイバー材質を選ぶ必要があります。また、同じ波長帯に複数のファイバーがある場合は、使用目的、性能、価格などから最適な種類を選ぶことが必要です。 光ファイバ利用技術入門 図7.

· 今回開発した光ファイバ無線技術によるモバイルフロントホールは、1本の光ファイバかつ1波長だけで大容量無線信号を伝送できるため、波長多重や空間多重を組み合わせることで更なる大容量化が期待されることから、今後のBeyond 5G/6G時代に向けた拡張性. ここまで紹介してきたように、現在では、様々な構造や材質の光ファイバーがありますが、これらはどのように使われているのでしょうか。表1は各種ファイバの主な利用方法です。 表1.各種ファイバーの利用方法 用途別解説 通信用伝送路:光ファイバーの主用途は光通信システム(図9. Amazonで安晴, 末松, 健一, 伊賀の光ファイバ通信入門 改訂5版。アマゾンならポイント還元本が多数。安晴, 末松, 健一, 伊賀作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 年に、メタルケーブルに比べて取り扱いにくかった光ファイバの曲げに対処できる空孔アシスト型光ファイバ(HAF)を用いることで損失増加の少ない光ファイバカールコードを開発し、宅内機器への配線や構内配線への適用を可能としました。併せて宅内光配線に必要な物品一式をまとめた先行光配線キットを開発しました。さらに、年にファイバの「曲げ、折り、結び」の状態でも通信可能な曲げフリー光ファイバコードを開発して宅内光配線の適用領域を拡大しました。 年には、標準規格である曲げ損失規格(ITU-T G. 657)を満たす局内光ケーブルを開発しています。さらに、集合住宅などの壁に穴を開けないで、窓やドアの隙間へ沿わして構内配線を可能とする隙間配線インドア光ケーブルを開発しました。 また、年度には信頼性・施工性向上を目的としたモールを不要とするフラット型インドア光ファイバや鼠対策を施した高強度インドア光ファイバ等を開発しました。. 光技術 光ファイバの高性能化 (グレーデッドインデックス形多モード光ファイバ, W形光ファイバ, 群速度, 波長分散, 構造分散) 1989 電子・デバイス. 8 図書 光ファイバ通信入門.

光ファイバと光ファイバ増幅器 ますます増大する情報化時代でのその役割 <先端光エレクトロニクスシリーズ13> ¥ 3,000 須藤昭一・横浜至・山田誠 、共立出版 、年1刷 、303 、A5 ハード 、1冊. ※日本ケーブルラボ(JLabs)は、ケーブル技術基盤の整備とケーブル利用者へのサービス向上のために設立された団体です。現在は、4Kサービス、ACS(Auto Configuration Server)、PON相互接続、ケーブルWi-Fi、ケーブルIoT、IPマイグレーション等に取り組んでいます。. 光通信ネットワーク技術入門講座 : 基礎技術から光ファイバの設計・施工まで Format: Book Responsibility: 加島宜雄, 小粥幹夫, 和田朗著 Language: Japanese Published: 東京 : 電波新聞社,.

2 図書 光ファイバ利用技術. 657)、およびシングルモード光ファイバ規格(ITU-T G. 構造物維持管理技術者や土木施工管理技術者向けの入門書 ・日本で初めて光ファイバセンサ技術が集大成されました。 ・社会インフラやプラントの建設を行っている企業や官庁の実務者を対象としていますが、これから光ファイバセンサをはじめる方にも. レスレンズを始めとして光ファイバ加工型素子,平 面光回 路素子,マ イクロレンズアレイなど多様な技術分布をカバ ーするに至っている 。 本稿では,光 ファイバ加工型光学素子を除いたマイクロ オプティックス全般の解説をしたい。 2. 12 Description: 122p ; 26cm NCID: BN06591288. 光技術 光変調器の高速化と集積化 (光変調器, 光エレクトロニクス) 1989 電子・デバイス. 光通信ネットワーク技術入門講座 : 基礎技術から光ファイバの設計・施工まで フォーマット: 図書 責任表示: 加島宜雄, 小粥幹夫, 和田朗著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 電波新聞社,.

12 形態: 122p ; 26cm 書誌ID: BNフォーマット:. 光ファイバ利用技術入門 言語: 日本語 出版情報: 東京 : アグネ, 1982. 参照) 図3.GI 型(グレーデッドインデックス型)マルチモードファイバ ●シングルモードファイバ(SMF) シングルモードファイバはSI 型MMFのコア径を小さくした構造をしており、通信線路として最も一般的に使われている光ファイバーです。コア径が十分小さくなると光の進み方は直線的に進む一つだけになります。従って、MMFのような光の進み方が原因のパルス広がりがなく、多くのパルス信号を送ることができます。(図4. 光通信技術の普及とデータ通信の多様化に伴い、光通信トラヒックは年率数10%の勢いで増大し続けており、10年から20年後には光ファイバ1心で100テラ・ビット(テラは1012)を上回る通信容量を賄う必要があると考えられています。一方、現在の光ファイバの容量限界も同じく100テラ・ビットで顕在化すると推測されており、年頃から、1本の光ファイバ内に複数の光の通り道を構成する新たな光ファイバの研究開発が世界的に活発化しています。 NTTでは、1本の光ファイバ内に複数のコア(光の通り道)を配置するコア多重と、1つのコア内に種類の異なる光をと閉じ込めるモード多重とを併用することにより、100以上の光の通り道を有する世界最高密度のマルチコア光ファイバを実現しました。. 光ファイバ利用技術入門 資料種別: 図書 出版情報: 東京 : アグネ, 1982. 末松, 安晴(1932-), 伊賀, 健一(1940-). See full list on fiberlabs.

12 形態: vi, 219p ; 21cm 著者名: 村上, 泰司(1949-) 書誌ID: BAISBN:. 光ファイバ通信分野の多くの技術者・研究者・学生に教科書や参考書として愛されてきた定本の、11年ぶりの大改訂。 今般の改訂では、改訂4版発行からこの間の同分野の発展を取り込みつつ、長年の改訂により複雑化した章構成を見直し、さらにわかりやすく読みやすいように大幅改訂を行い. 7 形態: 214p ; 21cm 著者名: 藤井, 陽一(1935-) 書誌ID: BN00125271 8 Description: xii, 291p ; 21cm Authors:.

イラスト・図解光ファイバ通信のしくみがわかる本 : 原理から最新技術まで、よくわかる光ファイバ入門 山下真司著 技術. 12 形態: 122p ; 26cm 書誌ID: BN06591288. 光ファイバ利用技術入門の本の通販、本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで光ファイバ利用技術入門を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは大カテゴリの本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. イラスト・図解光ファイバ通信のしくみがわかる本 : 原理から最新技術まで、よくわかる光ファイバ入門 フォーマット: 図書 責任表示: 山下真司著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 技術評論社,. 架空光ケーブルではクマゼミ産卵管によるファイバ断線障害が発生し、その耐クマゼミ対策が必要になりました。少心架空光ケーブルのファイバ心線を両側から挟む介在テープ構造としてクマゼミ産卵管に対し防護壁効果のある新たな少心架空光ケーブルとそれに対応するクロージャを開発し、年から導入されています。また、お客様宅への引き込みに用いられるドロップ光ファイバへ対策を施した防護壁型ドロップ光ファイバも開発しました。さらに、この防護壁を無くし、ケーブル外被材に防護強度のある材料を適用した経済的なクマゼミ対策ドロップ光ファイバを開発し、年からNTT東西に導入されています。 年度には、電柱のスパン間架渉を可能とする、細径SZ撚りドロップ光ファイバを、翌年にはITU-T G. 光ファイバーケーブル (Optical fiber cable) マルチモード光ファイバ(MMF) 1000BASE-SX(マルチモード) OM3: 10G, 40G, 100Gで使われる : シングルモード光ファイバ(SMF) 1000BASE-LX(シングルモード) OS1.

1芯 (Simplex) 送信用と受信用とを同じ光ファイバにまとめて通信させる WDM(Wavelength Division Multiplexing:波長分割多重方式)で、波長の異なる複数の光信号を同時に使用し、1芯の光ファイバにて送信、受信などの多重利用する方式 2芯よりも、全体的なコスト削減を実現するより優れた手段として登場し. ●カットオフ波長 → 詳しい解説はこちらをご覧ください あるモードが光ファイバを伝送していけるか遮断されるかの境界となる波長のことです。シングルモード光ファイバでは、伝送波長がカットオフ波長より短くなると基本モードに加え高次モードも伝送できるようになります。このため、カットオフ波長はシングルモード光ファイバの特性を表す重要な指標として使用されます。 ●光ファイバーの開口数(NA) → 詳しい解説はこちらをご覧ください 光ファイバに伝搬可能な光(伝搬モード)を入射させる(あるいは、光ファイバから出射する)ことができる最大の入出射角を表します。主にマルチモードファイバで使われ、入射させやすさや伝搬モード数、曲げ損失などを表す指標の一つです。 ●モードフィールド径(MFD) → 詳しい解説はこちらをご覧ください シングルモード光ファイバ内を伝搬する光の断面方向の光電力分布の広がりを表す指標で、光信号がコアからどのくらいクラッド側に漏れ出して伝わっているかを表しています。そのため、MFDは通常コア径よりも若干大きくなります。また、MFDから光ファイバーを接続する際の接続損失を求められるので、接続のしやすさを評価する指標としても使われます。. で光変復調技術の研究開発が進められている。これらの 成果により、無線通信で利用されている様々な複雑な信号 を光技術で取り扱うことができるようになり、光ファイバ 通信と無線通信で用いられる技術の違いがより小さくなり つつある(図2参 照 )。. 光ファイバ通信ネットワークは,世界中に構築される一方で各家庭に接続され る円熟期に入ったことに加え,コンピュータ内部の信号を光ファイバで接続す る,いわゆる光インターコネクション技術が実用化されるようになった。. 参照)があります。このシステムでは、歪みや、温度変化をFBGから戻る反射光の波長変化として検出します。その他、光ファイバー自体をセンサとして使用する分布型歪み、温度センサやファイバジャイロなどがあります。 図10.FBGセンサシステム ファイバレーザ:ファイバレーザは固体レーザの一種で希土類元素をドープした光ファイバを増幅媒体に用います。Ybドープファイバを用いた1μm帯ファイバレーザは、マーキング、穴あけなどの精密加工に広く使われています。ハイパワーに適したラージモードエリア(LMA)ファイバーのダブルクラッドファイバなどが利用されます。 光パワー伝送:ハイパワーのレーザ光を照射物に導くガイドとしてファイバが利用されます。強い光を入射するのでコア径の大きいSI型マルチモードファイバが使われます。石英ファイバの他、赤外レーザ用にふっ化物ファイバも使われています。 その他:赤外光も伝送できるカルコゲナイドファイバやふっ化物ファイバは赤外分光に利用されています。非常に小さなエリアに光を閉じこめられるフォトニック結晶ファイバは非線形効果を利.

光ファイバ利用技術入門

email: owomy@gmail.com - phone:(953) 315-5546 x 7860

自治体にオープンソースソフトウェアを導入しよう!デスクトップ編 - 情報処理推進機構オープンソースソフト... - 巻セット 天文図書特選セットA

-> 近代日本とアジア - 坂野潤治
-> 鶴見良行著作集 アジアとの出会い - 鶴見良行

光ファイバ利用技術入門 - アジェンダ


Sitemap 1

楽譜カード - 正則関数 新井仁之 数学のかんどころ